生理前の吐き気について記しています

生理前の吐き気対策003

生理前の吐き気について記しています

ページの先頭へ戻る

女性が生理前に悩まされる吐き気に対処法はある女性が生理前に悩まされる吐き気に対処法はある


女性が生理前に悩まされる吐き気に対処法はあるの?
生理前 イライラ

女性が生理で困ることといえば生理痛や頭痛が多いと思いますが、吐き気に苦しむ方もかなりいらっしゃると思います。

いったいなぜ吐き気が起こるのでしょうか。

それはプロスタグランジンという物質が分泌されるからです。

女性の体内では、生理前から生理前半の頃までプロスタグランジンが急激に増加します。

実は陣痛の時にも分泌されるもので、子宮を収縮させて子宮内膜がはがれるときの出血を排出しやすくする働きがあります。

ですから必要な物質には違いないのですが、体内のプロスタグランジンが増えすぎると子宮の収縮が過剰になり痛みを覚えます。

これが生理痛の原因です。

このとき血管も収縮して腰痛などが発生します。

それだけでなく、胃腸にまで影響が出てしまい吐き気がするわけです。

つまり、プロスタグランジンが増えすぎないようにするのが対策になるわけです。

実際に生理痛用の鎮痛剤にはプロスタグランジンを抑える作用がある種類があります。

では、薬以外にプロスタグランジンが増えすぎないようにする方法について説明します。

プロスタグランジンは子宮を収縮させるために分泌されます。

収縮する力が弱いと過剰にプロスタグランジンが分泌され、もっと収縮させようとするわけです。

つまり、十分に収縮していればプロスタグランジンの分泌は強まりません。

では、なぜ収縮する力が弱くなるのでしょうか。

考えられる原因は体が冷えて血行が悪くなっていることです。

ですから、身体を冷やさないようにして血行を良くすれば子宮の血の流れも良くなり、収縮させる力も弱くはなりません。

その結果、プロスタグランジンが過剰に分泌しなくなります。

ですから、冬場の寒さはもちろん、夏のクーラーの冷え過ぎなどにも注意をし、身体を冷やさないようにしましょう。

あるいは運動やストレッチをして血行を良くするのもありです。

一方、食材によってプロスタグランジンを抑えることも期待できます。

たとえばアーモンドや大豆に含まれているマグネシウム、γ‐リノレン酸やDHAの魚油が上げられます。

また、マグロやサンマなどに含まれているビタミンB6も効果的です。

ひとつ気をつけて欲しいのは、生理痛と陣痛の間違いです。

先にも述べた通り、生理痛も陣痛もプロスタグランジンが影響しています。

生理痛に伴う吐き気だと思っていたのも、実はつわりだったらどうでしょうか。

つわりの時に吐き気止めの薬は使ってはいけません。

もし、少しでもいつもの生理痛と違うと思えば基礎体温をチェックするとか、妊娠検査薬を試すなどしてみましょう。



生理前 吐き気、生理前 吐き気、生理前 吐き気、生理前 吐き気、生理前 吐き気、生理前 吐き気、生理前 吐き気、生理前 吐き気、生理前 吐き気、生理前 吐き気、
Copyright (c) 2014 生理前の吐き気対策003 All rights reserved.

●メニュー